むち打ち症

むち打ち症とは、交通事故などで首に衝撃を受けた結果、首の筋肉や靭帯などを損傷することをいいます。むちうちの場合、整形外科か接骨院・整骨院か迷う方が多いようです。むち打ち症になった時、どうすれば良いのでしょうか。

まずは接骨院・整骨院に行く前に整形外科で診察や検査を受けます。軽症な場合もあれば、脳や神経にダメージを受けている場合もあるからです。
事故直後は軽い痛みだったのに、数日後から激しい痛みやめまい、吐き気に襲われるというケースもあります。軽症だから接骨院・整骨院で大丈夫と自己判断せず、整形外科で診断を受けてから接骨院・整骨院に移行する、または併用するというのが良いでしょう。
また、交通事故の場合は加害者に損害賠償を請求する際に医師の診断が必要になります。接骨院・整骨院では診断書が入手できませんので、注意が必要です。

病院での診断の結果、異常なしと言われたが、痛みやしびれが残っていたり体調がすぐれないということで接骨院・整骨院に来院する方もいれば、仕事のため病院があいている時間に通院できず、接骨院・整骨院でリハビリをするという方もいます。
接骨院・整骨院に通う場合は医師の了解を得ておいた方が良いでしょう。

むち打ち症は外見上問題なかったり、レントゲンでは変化を見つけることができない場合が多々あります。
接骨院・整骨院では画像に映らない筋肉等の損傷に対して、丁寧に聞き取りを行い、患者様それぞれに合った施術をします。首の施術となると不安という方もいらっしゃるでしょうが、接骨院・整骨院では国家資格を持つ柔道整復師が長年の経験によって施術を行いますのでご安心ください。

接骨院・整骨院でのむち打ち症の施術は基本的に保険適用が可能です。保険会社とのやりとりをサポートしてくれる接骨院・整骨院もありますので、交通事故によるむち打ち症の場合は、交通事故プログラムがある接骨院・整骨院を選ぶと色々なサポートが受けられるのでおすすめです。